農菓プロジェクト

農産物見本市で農業者が和菓子職人に農産物をプレゼンしました

投 稿 日 : 2015年3月12日

農産物見本市と称して、農業者の農産物を和菓子職人さんにプレゼンしたり試食したりして実際に農産物にふれてもらいました。

農産物見本市

以下、遠田幹雄のブログより引用です。

農菓PJで農業者見本市を開催した。お菓子創りコンテストにエントリーした農業者たちが自分たちの農作物や農作物の一次加工品を持ち寄って、和菓子職人たちに見て触れてもらいそして試食して体験したもらうための会である。会場は金沢市粟崎にあるものづくり会館の調理実習室。総勢30名を超える集まりで会場は熱気でムンムンとなった。
農業者からの5分プレゼンでは、農作物や地域に対する熱い思いが伝わってきた。また和菓子職人さんたちからも自店の和菓子が振る舞われ、おいしく楽しく交流ができた。

金沢市ものづくり会館

会場となった金沢市粟崎にあるものづくり会館。18時からの見本市開始直前の外観。まだ少し薄明るい。日が長くなったことを感じさせてくれる。

かわにさんの挨拶で始まった

開始の挨拶は農業者の代表かわにさん。

農作物を見たり試食したりして交流した

調理実習室は人でいっぱいになった。

農産物は約30

出品された農産物は約30あった。

調理実習室の様子

試食の後は農業者のプレゼンタイム

のむら農産の野村さんのプレゼンはよもぎ

農業者のプレゼンタイムは一人5分間。(写真は、のむら農産の野村さんが「よもぎ」のプレゼンをしているところ)

たくさんの和菓子

最後のあいさつは宮向さん

宮向さんの挨拶で締め

宮向さんは楽しい人です。

宮向さん

農菓PJは、新たな和菓子文化創造というミッションを和菓子職人と農業者のコラボによって生み出そうとしている。今後の取組に注目していきたい。


カテゴリー : NEWS

投 稿 日 : 2015年3月12日

ページトップへ