農菓プロジェクト

2020年の夜舟は初めてづくし。

投 稿 日 : 2020年6月20日

石川県内の農家による農産物をアイディア溢れる「夜舟」に仕上げた10品。
石川県内の農家による農産物をアイディア溢れる「夜舟」に仕上げた10品。
 

誰もが想像していなかった「今」を迎えている2020年。もちろん、私たち農菓プロジェクトもそうです。昨年の夜舟は集合販売会が大好評で、たくさんのお客様から応援の言葉をいただき力を得て、2020年はさらにクオリティを上げようと皆で意気込んでいました。

しかし、このコロナ禍において能登から加賀まで県内全域の農家と和菓子店で構成する農菓プロジェクトでは、たくさんの人が関わり接する「集合販売会」を今年は断念せざるを得ないという結論に達しました。

では、3年目となる今年の夜舟はどうする?
石川県の新しい和菓子歳時記にするという目標は?

農家が丹精込めて作る農産物はいつでも変わらず収穫の時を迎えます。それを和菓子職人がそれぞれの技で季節感あふれる「夜舟」とし、人々に巡りくる季節を、そして季節や土地の恵みと職人の技を感じてもらう。それが生活に根差した「歳時記」になっていく。

そう考え、今年も実施を決定しました。
3年目の夜舟は、初めての5個入りセットを2種類、事前予約してください!
そして7月11日(土)12日(日)の2日間にご都合の良い参加和菓子店に受け取りに行っていただくこととなりました。

◎焦がしきなこの黒糖夜舟/(菓)大松庵(農)金沢大地、六星 ◎小松菜のグリーン夜舟/(菓)なかざき生菓子店(農)笠間農園、六星 ◎味平かぼちゃ夜舟/(菓)小山芳月堂(農)堀真一郎、岡元農場 ◎五穀米の枝豆夜舟/(菓)お菓子処マルニシ(農)笠間農園、岡元農場 ◎メロンDE夜舟/(菓)宝達山本舗 松月堂(農)吉川農園、ぺザン、六星
◎焦がしきなこの黒糖夜舟/(菓)大松庵(農)金沢大地、六星 ◎小松菜のグリーン夜舟/(菓)なかざき生菓子店(農)笠間農園、六星 ◎味平かぼちゃ夜舟/(菓)小山芳月堂(農)堀真一郎、岡元農場 ◎五穀米の枝豆夜舟/(菓)お菓子処マルニシ(農)笠間農園、岡元農場 ◎メロンDE夜舟/(菓)宝達山本舗 松月堂(農)吉川農園、ぺザン、六星
 

◎枝豆と五郎島金時芋夜舟/(菓)河田ふたば(農)かわに、六星 ◎ずんだ夜舟/(菓)御菓子司 八野田(農)笠間農園、稲ほ舎 ◎金沢ゆずのエクレア夜舟/(菓)御菓子司 つば屋(農)きよし農園、六星 ◎金沢ゆずとココナッツの夜舟/(菓)和乃菓 ひろの(農)きよし農園、稲ほ舎 ◎能登夜舟・大葉/(菓)お菓子処 佐吉庵(農)MEGLIY、稲ほ舎
◎枝豆と五郎島金時芋夜舟/(菓)河田ふたば(農)かわに、六星 ◎ずんだ夜舟/(菓)御菓子司 八野田(農)笠間農園、稲ほ舎 ◎金沢ゆずのエクレア夜舟/(菓)御菓子司 つば屋(農)きよし農園、六星 ◎金沢ゆずとココナッツの夜舟/(菓)和乃菓 ひろの(農)きよし農園、稲ほ舎 ◎能登夜舟・大葉/(菓)お菓子処 佐吉庵(農)MEGLIY、稲ほ舎
 

「夜セット」「舟セット」のふたつのセットを事前にご予約いただきます。

<事前予約は3つの方法>
7月5日(日)までに、
1⃣ こちらの公式HPの夜舟ページから、農家メンバーでもある稲ほ舎のオンラインショッピングサイトに飛んでいただき事前決済、ご予約完了。
https://inahosha.theshop.jp/items/30435496
 
2⃣ 北國マネジメントのオンラインショッピングサイト『COREZO』にて、こちらも農家メンバーの六星のページにて事前決済、ご予約完了。
https://www.corezo-mall.com/
 
3⃣ 今年の参加和菓子店である10店舗で店頭予約の受付。
https://noukapj.com/yofune
 
そして、お受け取りは最寄の参加和菓子店10店でお受け取りをお願いします。初めて行く店を指定されるのもいいです。一度、農菓プロジェクトメンバーの和菓子店を訪れてください。そこにはリアルに息づく時間があります。まさに顔の見える和菓子の世界を体感してください。
 
2020年、今年の夜舟も何卒よろしくお願いいたします!

「夜舟」集合販売会の日替わり商品スケジュール

投 稿 日 : 2019年7月8日

yofune_schedule0708

加賀・能登・金澤 夜舟 全19品が日替わりで9~10種類ずつ店頭に並びます。

<集合販売会・会場>
◇香林坊大和 ◇めいてつ・エムザ ◇アピタ松任店 ◇イオン御経塚店 ◇イオン新小松店

※集合販売会では、毎日日替わりで同じ商品が販売されます。
※商品を特定して購入希望の方は、各和菓子店へお問い合わせください。
※数に限りがございます。各店売り切れ次第終了となります。

2019年夜舟の概要が決定しました!

投 稿 日 : 2019年6月21日

昨年「農菓プロジェクトで、石川県の新しい菓子文化をつくりたい」と立ち上がった「夜舟プロジェクト」。勢いで乗り切った昨年の夏でしたが、お客様からの温かい反応、夏の農産物を中心に色鮮やかな「夏の和菓子」ができあがり、手ごたえを感じました。

そして今年に入り、新メンバーを募ったところ、石川県内、能登から加賀から、農家も菓子職人も、たくさんの「有志」が手をあげてくれました!

というわけで、2019年「加賀・能登・金澤」夜舟です。
夜舟集合_横①_小

7月11日(木)から、各和菓子メンバーの店舗にてそれぞれ発売を開始します。

さらに同日から15日(月・祝)まで期間限定で「集合販売会」を開催します!

(全種類を日替わりで提供する会場)
◇大和香林坊店 ◇めいてつ・エムザ店 ◇アピタ松任店 ◇イオン御経塚店 ◇イオン新小松店

(能登夜舟のみ提供する会場)
◇のと千里浜道の駅

各会場では、農菓プロジェクトの農家メンバー、菓子職人メンバーがそれぞれ店頭で、皆様をお待ちしております。

石川の新しい夏の和菓子「夜舟」を一度ご賞味くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

山出保県中央会会長を表敬訪問

投 稿 日 : 2016年3月10日

農菓プロジェクト
石川県中小企業団体中央会 山出保会長を表敬訪問

3月10日(木)  県中央会(石川県金沢市)
表敬訪問2016

「とても面白い。遠慮せずにどんどん前へ進みなさい」 と山出会長

【県中央会工業支援課 梶川嘉彦】

県内の若手和菓子職人と農業者がペアーを組み、コンテストで競い合うことで新たな菓子文化の創造を目指す「農菓プロジェクト」。
昨年、秋に3度のコンテストを行い、消費者の方々から意見を頂くと共にグランプリを発表するなど、グループ結成以来、密度の濃い取り組みを行ってきましたが、本日参加者や関係機関など10名の方々が当会の山出会長を訪問、グループに至った経緯や行った取り組み、完成した各製品などの報告やエピソード、今後の展開など意気込みについて語っていただきました。

山出会長からは、「面白い企画である。ただ、その成果や展開を県内のみに留まらず、遠慮せずに県外にも発信していく必要があると考える。ストーリーとセオリーを意識しながら展開していくことに期待している。」と、参加者の皆さんを激励させていただきました。

和菓子職人と農業者、農業者は「丹精込めて作った農作物が消費者の口に入って喜んでもらえることが何よりもうれしい。」としておりますし、和菓子職人は、「農作物を育て収穫することがこれほど大変だとは思わなかった。」など、今回の取り組みでお互いの距離がぐっと近づいたのではないでしょうか?

何より私もこのプロジェクトをご一緒させていただき、感じたのは参加者の皆さんは義務感は一切無く、一生懸命かつ非常に楽しそうだったことが印象的であり、重要なところだったのではないかと思います。

お互いを理解して一緒に作った新作和菓子、農商の作り手の想いが目一杯詰まった各商品をぜひ味わって見て下さい。

表敬訪問 (1)
表敬訪問 (2)
山出保会長と宮向健也氏と河二敏雄氏

表敬訪問 (3)
表敬訪問 (4)
表敬訪問 (5)
表敬訪問 (6)
表敬訪問 (7)
表敬訪問 (8)
県中央会
山出会長、お言葉の数々、本当にありがとうございます。

会長表敬訪問後は、農菓プロジェクト総会
表敬訪問 (9)
山出会長から激励をいただき奮起するPJメンバーたち

農×菓 (1)
農×菓 (2)
農×菓 (3)
表敬訪問 (10)
「内に」 そして 「外に」
表敬訪問 (11)
「すごい注目度!」それに決しておごらずに真摯な姿勢で前に進む。
2016年の計画が、メンバー全員の気持ちと一緒に固まってまいりました!

「石川県内」と「県外」
二つの両輪
がそろって、プロジェクトという車は走る!

みなさま、私たち農菓プロジェクトの次なる一手にどうぞご期待ください!

1 / 212

ページトップへ